FC2ブログ

改正入管法~新制度下の外国人~賃金は口座払いを義務化へ 

改正入管法
~新制度下の外国人
~賃金は口座払いを義務化へ



改正入管法政省令の概要
http://www.moj.go.jp/content/001288453.pdf

 2019年4月から働く新たな在留資格で働く外国人には、その賃金を口座振込により支払うよう義務づけられた。
 (現在は、通貨払いが原則=労基法第24条で、口座払いは各労働者の同意等一定の要件下ではじめて認められている。

新ルール
受入機関が満たすべき基準
⑫ 報酬を預貯金口座への振込等により支払うこと



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg





スポンサーサイト

改正入管法、政令、省令、告示の一覧表(2019.3) 

出入国管理法等改正法、
政令、省令、告示の一覧表(2019.3)


以下のURLからリンクされています。
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri05_00019.html

(リンク法律、政令、省令、告示)

法律
○ 出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律
  ・新旧対照条文

政令
○ 出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令
  ・新旧対照条文

省令
○ 特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令
○ 出入国管理及び難民認定法別表第一の二の表の特定技能の項の下欄に規定する産業上の分野等を定める省令
○ 出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う法務省関係省令の整備等に関する省令

告示
○ 出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令及び特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令の規定に基づき特定の産業上の分野を定める件

政省令の概要
http://www.moj.go.jp/content/001288453.pdf
入管法政省令の概要



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

建設業工期の適正化、長時間労働の是正へ(建設業法改正へ) 

建設業法等改正案
 http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000615.html

 国土交通省は、建設業法と公共工事入札契約適正化法の一括改正案を国会提出した。
 改正案は、
 ○ 建設業で常態化している長時間労働の是正に向けて、工期適正化のための規定を盛り込んだ。
 ○ 発注者には、通常工期と比べて著しく短い工期による請負契約の締結を禁止する。(勧告、公表の措置)
 ○ 公共工事の発注者に対しては、必要な工期の確保と施工時期の平準化のための方策を講じることを努力義務化する。
 ○ 現場技能者の社会保険への加入を要件化する。
 ○ 下請代金のうち労務費相当分については、現金払とするよう配慮する。
などの内容。
 一括改正案は成立後、一部を除き公布から1年6カ月以内に施行予定。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

「サバティカル休職制度」の新設 

サバティカル休職制度

 オリエントコーポレーションは2019.4.1、事由を問わずに長期休職できる「サバティカル制度」を新設すると発表した。
 同制度は、現行の休職・休暇制度に当てはまらない事象(育児・介護や不妊治療などの両立支援、海外留学や資格取得などのキャリアアップ、ボランティア等の社会貢献など)に柔軟に対応できるよう、休職事由を限定しない制度。
 休職期間は最長6カ月間、1カ月以上6カ月以内の連続した期間を取得可能。
 http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=49308&code=8585



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


高度プロフェッショナル制度に関するパンフ・リーフレット(厚労省) 

高度プロフェッショナル制度

 厚生労働省が2019.4.2、高度プロフェッショナル制度に関して、以下のPamphlet、leafletを作成公表している。
高度プロ解説

1 パンフレット:高度プロフェッショナル制度わかりやすい解説
  https://www.mhlw.go.jp/content/000497408.pdf
2 リーフレット:高度プロフェッショナル制度について
  https://www.mhlw.go.jp/content/000497436.pdf




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg