FC2ブログ

2019年度 地域別最低賃金額改定の目安(答申) 

令和元年度
地域別最低賃金額改定の目安(答申)


 令和元年7月31日開催された第54回中央最低賃金審議会で、令和元年の地域別最低賃金額改定の目安について答申があったところです。
 概要以下のとおりです。
 ○ 各都道府県の引上げ額の目安
 Aランク28円、
 Bランク27円、
 Cランク26円、
 Dランク26円
最賃目安ランク表


なお、現行の平成30年度地域別最低賃金額は、以下のとおりです。
https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000534199.pdf




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


スポンサーサイト



日本のフリーランスについて(2019年推計、内閣府) 

内閣府
日本のフリーランスについて
 その規模や特徴、競業避止義務の状況や影響の分析


① フリーランスの働き方をする者の人数は、副業として従事している者も含め、306 万人~341 万人程度と推計。
② 最大の場合の推計値341万人では、本業228万人、副業112万人と推計。
   推計人数:341万人
   本業:228万人
   副業:112万人
③ フリーランスの全就業者に占める割合は、本業及び副業フリーランス合計で5%程度であった。
 そのうち本業については3%程度、副業については2%程度であった。
 米国と比較可能な本業フリーランスは、米国では 6.9%であり、日本はその4割程度の割合であった。


資料出所:https://www5.cao.go.jp/keizai3/2019/07seisakukadai17-2.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


一般職の国家公務員の公務災害補償、2018年度認定は4件 

一般職の国家公務員の公務災害補償

 人事院は2019.7.16、一般職の国家公務員の「2018年度 過労死等の公務災害補償状況」を公表。
 公表資料によると、
 脳・心臓疾患に関する事案の協議件数は4件(前年度4件)、認定件数は2件(同1件)、精神疾患等に関する事案の協議件数は15件(同15件)、認定件数は4件(同12件)となっている。
一般職国家公務員脳心認定

資料出所: https://www.jinji.go.jp/kisya/1907/karoushitou30.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


高度プロフェッショナル制度の解釈通達(Q&A53問答) 

高度プロフェッショナル制度の解釈通達
全53問Q&A形式


 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律による改正後の労働基準法関係の解釈について」の一部改正について(令和元年7月12日 基発0712第2号 雇均発0712第2号)
→ https://www.mhlw.go.jp/content/000528166.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


医師の宿日直許可基準・研鑚に係る労働時間に関する「新・通達」 

医師の
宿日直許可基準
研鑚に係る労働時間



○ 「医師、看護師等の宿日直許可基準について」(令和元年7月1日基発 0701第8号労働基準局長通達)
○ 「医師の研鑽に係る労働時間に関する考え方について」(令和元年7月1日基発 0701 第9号労働基準局長通達)
○ 「医師等の宿日直許可基準及び医師の研鑽に係る労働時間に関する考え方についての運用に当たっての留意事項について」(令和元年7月1日基監発0701 第1号労働基準局監督課長通達)


https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000526011.pdf


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg