スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年の派遣労働者数約131万人 

2016年の
派遣労働者数は約131万人


 厚生労働省が2017.3.31公表した「労働者派遣事業報告書」集計結果によると、2016年6月1日現在の派遣労働者数は約131万人(対前年比2.5%減)。
 うち、「労働者派遣事業」(特定派遣を除く)に基づくものが、1,060,665人
 … 無期雇用派遣労働者    141,777人
 … 有期雇用派遣労働者    918,888人
となっています。

詳細は、下記URLから直接参照することが出来ます。
→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000158685.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



スポンサーサイト

2015年『労働統計年報』/厚労省 

厚生労働省が2015年の『労働統計年報』をホームページに掲載している。

労働統計年報 平成27年

1 労働経済指標
2 雇用及び失業
3 賃金
4 労働時間
5 労働災害と安全衛生
6 労働者生活
7 社会保険
8 労使関係
9 国際労働関係統計
http://www.mhlw.go.jp/toukei/youran/index-roudou-nenpou2015.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

「日本の統計2017」の中の「労働・賃金」統計 

「日本の統計2017」の中の
「労働・賃金」統計



 総務省が公表している日本の基本的統計を「日本の統計2017」のご紹介!です。
 『日本の統計2017』
 http://www.stat.go.jp/data/nihon/index1.htm
 労働関係では、第19章に次の各項目が掲載されています、

第19章 労働・賃金

19- 1 就業状態別15歳以上人口
19- 2 年齢階級,就業状態別労働力人口
19- 3 産業別就業者数
19- 4 産業,従業上の地位別就業者数
19- 5 職業別就業者数
19- 6 一般職業紹介状況
19- 7 新規学校卒業者の職業紹介状況
19- 8 週休制の形態別企業数と適用労働者数の割合
19- 9 1日の所定労働時間別企業数と適用労働者数の割合
19-10 定年年齢階級別企業数の割合
19-11 産業別常用雇用指数
19-12 産業別常用労働者1人平均月間総実労働時間数
19-13 産業別常用労働者賃金指数(現金給与総額)
19-14 産業別常用労働者1人平均月間現金給与額
19-15 産業別月間現金給与額
19-16 産業,企業規模別女性短時間労働者の1時間当たり所定内給与額
19-17 企業規模・産業,学歴別月間現金給与額
19-18 主要職種別平均年齢,勤続年数,実労働時間数と月間給与額
19-19 主要職種別従業員数,平均年齢と平均給与月額
19-20 鉱工業・業種別労働生産性指数
19-21 産業別労働組合数と組合員数
19-22 労働争議



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

賃金構造基本統計調査結果から確認できる「役職・職種・標準者賃金」 

賃金構造基本統計調査
「役職・職種・標準者賃金」


平成28年賃金構造基本統計調査
職種別
役職別等の賃金


例えば、
職種の所定内給与額では、システム・エンジニア33.9万円(男)、女性では看護師29.9万円(女)販売店員19.6万円(女)など性別、職種別賃金がわかる。
役職賃金では、課長職が、大手58.9万円に、中堅48.8万円、中小44.0万円などと企業規模別にわかる。

具体的には、下記URLを直接参照して確認してください。
職種 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001062209&cycode=0
役職 http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001062208&cycode=0



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

産業別-年齢、性別「賃金カーブ」 

産業別~年齢、性別
「賃金カーブ」



主な産業別に年齢、性別・賃金カーブをみると、

(男性)
金融業,保険業(466.4千円)が最も高く、次いで教育,学習支援業(435.0千円)となっており、宿泊業,飲食サービス業(271.1千円)が最も低い。

(女性)
教育,学習支援業(304.2千円)が最も高く、次いで情報通信業(300.0千円)となっており、宿泊業,飲食サービス業(196.7千円)が最も低い。

(賃金カーブ)
産業別賃金カーブ
 (↑ クリックすると、拡大表示が出来ます)

(以下は、情報源、関連資料)

 2016年賃金構造基本統計調査
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/index.html
 (調査の概況)
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/dl/13.pdf


 [編注、コメント]

 賃金は、企業規模別に違い、産業別に違い、性別に大きく違う。
 賃金カーブを見てみると、その違いを改めて実感せざるを得ない!



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。