fc2ブログ

精神障害の労災認定基準~セクシュアルハラスメント 

(労基情報-労災補償の話題)
-再掲

 厚生労働省は、2011.11.8「精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会報告書」を公表しました。

 以下は同専門検討会に設けられた「セクシュアルハラスメント事案に係る分科会報告書」の労災認定基準に係る部分の骨子です。



認定の基準について

○ セクシュアルハラスメントの心理的負荷を「強」と評価する要素(行為の態様やその反復継続の程度等)を具体的に提示

 ・ 胸や腰への身体接触を含み、継続して行われた事案

 ・ 発言が継続し、会社が把握していても対応・改善されなかった事案等

○ 強姦等は、それだけで心理的負荷が「強」となることを明示

○ 行為が発病前おおむね6か月(評価期間)以前から続いている場合は、開始時からの行為を一体として評価

○ いじめ・嫌がらせを伴う場合、心理的負荷をより強いものに修正

○ その他留意事項の明示

 ・ 行為者に迎合するメール等をもって被害者の同意があると安易に判断しない

 ・ 行為者と被害者の立場(正規・非正規等)を考慮する等

○ 心理的負荷評価表での分類を、「対人関係のトラブル」から独立させることも検討



報告書の詳細は、下記URLから直接確認することが出来ます。

 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001u5d4.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

スポンサーサイト