fc2ブログ

育休取得後、640万円から520万円に年俸減額~人事権の濫用で違法! 

2011.12.27、東京高裁判決!。

 海外とのライセンス交渉を担当していた関口さんは2008年10月から育休を取り、翌年4月に復職した。だが「夜遅くまで働くのは難しい」などの理由で担当業務を変えられ、2段階降格されたうえ、年俸は640万円から520万円に減った。関口さんは提訴後に退職した。

 こうした対応について判決は、「前年度の評価を据え置くなど育休取得者の不利益を避ける義務を果たしておらず、違法」と指摘。35万円の支払いを命じた一審・東京地裁判決より賠償額を増やし約95万円の支払いを命じた。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg