パワーハラスメントの発生状況(6類型に見た発生率など) 

パワハラ~6類型に見た発生率など

厚労省は2012年7月~9月に従業員30人以上17000社を対象に「パワハラの実態」について調査した。(回収4580社、27.3%)。これと別にネット調査で民間企業9000人の個人調査も行ている。

○ 過去3年間にパワハラを受けたことがある人は、25.3%。
○ 調査では、パワハラの内容を6の類型に整理している。(下記表参照)表のパワハラ6類型では、多いのは「精神的な攻撃」55.6%だった。その他の類型は表参照。

 その他本件調査の詳細は、下記URL から直接参照することができます。
(直接の閲読をお奨めします。)
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002qx6t.html

○ あなたが受けた行為の具体的な内容をお教えください(複数回答可)
パワハラの6類型

○ パワハラを受けた内容と割合
パワハラ6類型割合

 ↑ 表はクリックすると拡大します




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg