fc2ブログ

障害者への「差別禁止」と「合理的配慮の義務」法制化へ 

 2013.1.22開催の労政審障害者雇用分科会は、意見書素案を明らかにした。これから最終的な詰めの議論くを行って成案とする。
 同素案は、障害者への「差別禁止」と「合理的配慮の義務」を提起しているのが特徴。
 (注)合理的配慮とは「施設等の整備、人的支援、職場管理」面での配慮をさす。

 素案の詳細は、以下のURLから直接参照することができる。
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002tdih-att/2r9852000002tdl9.pdf 

 なお、同素案は、併せて、精神障害者雇用の義務に関しても法制化にむけ、準備に入るとしてその方向性を示している。


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



スポンサーサイト