fc2ブログ

特別加入で選択できる「給付基礎日額」-3種追加で計16種に 

 特別加入の場合、加入者本人が「給付基礎日額」を選択し、それに所定の保険料率をかけて算定された保険料を支払うことになっています。
 平成25年9月1日からは、「給付基礎日額」の選択の幅が広がります。
 H25.9.1以降は従来の13種から3種が追加され計16種に拡大されます。

(従来)
3,500円、4,000円、5,000円、6,000円、7,000円、8,000円、9,000円、10,000円、12,000円、14,000円、16,000円、18,000円、20,000円
(今回追加の額)
22,000円、24,000円、25,000円

以下は厚労省から案内されているリーフレットです。
特別加入基礎日額
( ↑ クリックで拡大表示できます)


[編注、コメント]
特別加入(=労働者でないもの)対象者の給付基礎日額の拡大によって、労働者との違いはいよいよ縮小へ、ということか。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



スポンサーサイト