年収平均は「408万円」、「300万円超400 万円以下の層が最多」(24年) 

 国税庁が、2013.9.27、平成24年「民間給与実態統計調査」の概要を公表している。
 (参照→ http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2012/pdf/001.pdf )
 これによると、24年の平均年収は408 万円(男性502 万円、女性268 万円)。

 以下は、1年を通じて勤務した給与所得者 4,556 万人についての給与階級別分布を見たもの。

 1) 男女計では300万円超400 万円以下の者が 819 万人(構成比18.0%)で最も多く、次いで200 万円超300 万円以下の者が780 万人(同17.1%)となっている。

 2) 男性では年間給与額300 万円超400 万円以下の者が524 万人(同19.2%)と最も多く、次いで400 万円超500 万円以下の者の476 万人(同17.4%)となっている。

 3) 女性では100 万円超200 万円以下の者が489 万人(同26.7%)と最も多く、次いで200万円超300 万円以下の者の411 万人(同22.4%)となっている。

詳細は下記表(平成24年国税庁民間給与実態統計調査表16)参照。
h24年収実態
( ↑ クリックすると拡大表示できます)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



スポンサーサイト