fc2ブログ

「看護職の賃金」20代前半と50歳代前半で「100:145」の差 

 日本看護協会は、このたび「2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査」を実施し、その結果を公表している。
 調査結果では、≪ 調査結果のポイント ≫として次の傾向が認められると分析している。

■ 年齢による基本給月額の上昇率は、20 代前半を100%とした場合、50 代前半で145%
■ 離職意向の理由に賃金に対する不満がある場合、実際に看護職で求職(転職活動)している割合は65.0%
■ 定期昇給額に納得していない看護職の56.4%に離職意向
■ 支給される時間外手当に納得していない看護職の58.5%に離職意向
■ 既卒の看護師を中途採用した後に、賃金処遇について「再評価はしていない」病院が74.8%に上る。

(参考)
下記URLから元データの参照ができる
→ http://www.nurse.or.jp/up_pdf/20130904145414_f.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



スポンサーサイト