fc2ブログ

育休延長−保育所入れぬ場合、最長2年まで延長を認める方向へ 

育児・介護休業法改正案
来年の通常国会に法案提出
○育休延長
○育児休暇新設


1 育休期間は、原則「子どもが1歳になるまで」だが、保育所に入れないなど特別な場合は「1歳6カ月まで」となっていた。今回の改正では「特別な場合」に限り、2歳まで延長する。」方針。平成28.12.7開催の労政審雇用均等分科会で労使が了承したもの。(延長は17年度中に始める予定。)

2 来年の通常国会に育児・介護休業法改正案を提出する。

3 法改正では、併せて、男性の育児への参加を進めるため、小学校に入る前までの子どもの育児に活用できる育児休暇も新設する方針。(この項、日経新聞より)


 [編注、コメント]
 
 保育所に入れない場合としては、「1年半」より「2年」の方が、労働者も保育所も対応しやすいとは思うが、、 それでは、育休は長ければ長いほど良いかというと単純ではない、そのことが問題をより複雑化する。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
スポンサーサイト