再雇用時と定年退職時との労働条件の比較 

再雇用時と定年退職時との労働条件の比較
調査:「中労委平成29年退職金・定年制調査」(大手企業対象)
http://www.mhlw.go.jp/churoi/chousei/chingin/17/dl/index3-07.pdf

 再雇用制度を採用している企業について再雇用時と定年退職時の労働条件を比べてみると、調査産業計では基本給の時間単価は「50%以上80%未満」が107社(同198社の54.0%)、「50%未満」が58社(同29.3%)等となっており、「定年退職時と同じ」企業はなかった。
中労委29年再雇用賃金


[編注、コメント]

2018.6.1に最高裁で判決のあった「長澤運輸事件」で、最高裁は、
「事業主が高年法により60歳超高年齢者の雇用確保措置を義務づけられている中、賃金コストの増大を回避する必要等からも、定年後継続雇用における賃金を定年退職時より引き下げること自体が不合理とは言えない」と判示している。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
スポンサーサイト