FC2ブログ

平成29年度「長時間労働が疑われる事業場」への監督指導結果 

7割で法令違反

 厚生労働省は2018.8.7、平成29年度(2017.4.1--2018.3.31)に実施した長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表しました。
 この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働数が1カ月当たり80時間超に上るとみられる事業場や、過重な労働による過労死等で労災請求が行われた事業場2万5676事業場が対象。
 今回の監督指導で、うち1万8061事業場で何らかの労働基準関係法令違反が認められた。(70.3%)。
 詳細内訳は、以下のリンクページを直接参照してください。

 → https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_00800.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
スポンサーサイト