fc2ブログ

求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出件数の推移 

求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る
申出件数の推移


 平成30年度のハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数
 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_06139.html

申出等の件数の推移
30年度 6,811件
29年度 8,507件
28年度 9,299件
27年度 10,937件
26年度 12,252件

平成30年度の申出等の件数は6,811件で、対前年度比20.0%減となり、平成26年度から4年連続で減少しました。
申出等を内容別に分類すると、「賃金に関すること」(30%)が最も多く、「就業時間に関すること」(23%)、「職種・仕事の内容に関すること」(17%)が続いています。
平成30年度の詳細は→ https://www.mhlw.go.jp/content/11601200/000536581.pdf

制度の概要
求人票の苦情




[編注、コメント]
やれば出来る!実効性の期待できる施策の一つとして評価できます。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

スポンサーサイト