fc2ブログ

経団連「退職金・年金に関する実態調査結果(2022.3.15) 

日本経済団体連合会「2021年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果(2022年3月15日)」
https://www.keidanren.or.jp/policy/2022/026.pdf

経団連から、表記「退職金・年金に関する実態調査」の結果が公表されている。
調査によると、
標準者退職金(学 校 卒 業 後 直 ち に 入 社 し 、そ の 後 標 準 的 に 昇 進・昇 格 し た 者 を 対 象 に 算 出 )職種別・学歴別のすべての区分において、勤続年数の上昇に伴って退職金額が増加している。
「管理・事務・技術労働者(総合職)」の 60歳では、大学卒(勤続年数 38 年)が 2,243.3 万円、高校卒(同 42 年)が 1,953.0 万円となっている。生産・現業労働者:高校卒では、17,82.0円(勤続42年)となっている。
経団連退職金調査21年


調査は会員企業2,061社で、集計企業数は276社(有効回答率 13.4%、製造業 44.9%、非製造業 55.1%、従業員 500 人以上 72.5%)




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
スポンサーサイト