fc2ブログ

業務使用の自家用車運転の検知器によるアルコールチェックは実施延期 

検知器によるアルコールチェックは実施延期

 業務使用の自家用自動車におけるアルコール検知器使用によるアルコールチェックの義務化(令和4.10.1予定)が実施延期となった。
 主な理由は、最近のアルコール検知器の供給状況等から、十分な数のアルコール検知器を入手することが困難であるためとされており、当分の間、検知器使用義務化規定を目視等義務化規定に読み替える取り扱いとなる。
「当分の間」について、具体的な時期は示されていません。

(令和4.9.9警察庁交通局交通企画課長通知)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg