fc2ブログ

雇用外国人労働者数は562,818人、雇用事業所数は95,294事業所(2021年10月) 

外国人雇用状況の届出制度

平成21年10月末現在の届出状況を集計したもの。

【ポイント】(厚労省発表)

(1) 外国人労働者を雇用している事業所数は95,294か所。
(2) 外国人労働者数は562,818人。
(3) 国籍別外国人労働者数は、中国が最も多く249,325人で、外国人労働者全体の44.3%。次いでブラジル、フィリピンの順で、それぞれ104,323人(同18.5%)、48,859人(同8.7%)。
外国人労働者2021

(4) 外国人労働者を雇用する事業所及び外国人労働者は、ともに東京都が最も多く、全国に占める割合はそれぞれ23.9%、24.7%。外国人労働者は、以下、愛知、静岡、神奈川の順に多く、この4都県で全体の約半数を占める。
(5) 産業別にみると、外国人労働者を雇用する事業所、外国人労働者ともに、製造業が最も多く、全体に占める割合はそれぞれ33.0%、38.9%。
(6) 事業所規模別では、「50人未満の事業所」が最も多く、外国人労働者を雇用する事業所の61.9%、外国人労働者全体の41.9%を占める。
(7) 労働者派遣・請負事業を行っており、外国人労働者を雇用している事業所は16,300か所で、事業所全体の17.1%、当該事業所に就労している外国人労働者は162,525人で、外国人労働者全体の28.9%。

その他詳細は下記URLから直接確認してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000040cz.html




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/1156-9bc48ad2