介護労働者の実態-所定内賃金216,086円,離職率16.1%  

 財団法人介護労働安定センターは、平24.8.17、「平成 23 年度実態調査」結果 を発表した。

 同調査では、次のような介護労働者の実態が明らかになった。

○ 月給者の所定内賃金は、216,086 円
○ 仕事を選んだ理由では、55.7%が「働きがいのある仕事だから」

○ 労働条件については、

「仕事内容のわりに賃金が低い」44.2%
「人手が足りない」40.2%
「有給休暇が取りにくい」36.1%
「身体的負担が大きい(腰痛や体力に不安がある)」30.8%
等の不満を持つ者が多い。

○ なお、昨年1年間(平成22.10.1-23.9.30)の離職率は、16.1%(前年度 17.8%)だった。

数値は全体平均
調査は、全国の介護保険サービス事業を実施する事業所から抽出した 17,151 事業所を対象に平成23年10月に実施、回答 7,070 事業所、有効回答率 41.2%の集計である。


詳細は、下記URLから直接確認できます。
 → http://www.kaigo-center.or.jp/report/h23_chousa_01.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する