fc2ブログ

定年到達者の約4分の3が「継続雇用を希望」し大半は望みどおりに 

 厚生労働省は、平成24.10.18に、毎年6月1日現在の高年齢者の雇用状況の報告(14万社報告済み)のとりまとめ結果を公表している。
 詳細は以下のURLから直接参照できます。
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002m9lq.html

 このうち、平成23.6.1から1年間の定年到達者(430,036 人)の動向にふれている部分では、以下の状況が報告されている。

 定年到達者(430,036 人)の定年時の継続雇用に係る希望状況等は次のとおり。
 ア 継続雇用を希望しなかった者の数(割合)は 106,470 人(24.8%)
 イ 定年後に継続雇用された者は316,714 人(73.6%)
 ウ 継続雇用を希望したが基準に該当しないこと等により離職した者は 6,852 人(1.6%)

 このうち、継続雇用を希望した者について見ると、継続雇用された者の割合は 97.9%、基準に該当しないこと等により離職した者の割合は2.1%となっている。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する