fc2ブログ

胆管がんに係る時効等について(通知) 

表題の件について
厚生労働省労働基準局労災補償部、労災管理課長、補償課長
連名の通知(平成2 5 年3 月1 4 日付基労管発0 3 1 4 第1 号、基労補発0 3 1 4 第1 号)が出されている。

1 時効について
 労災保険の保険給付請求権の消滅時効は、民法(明治29 年法律第89 号)第166条第1項により「権利を行使することができる時」から進行するものである。
 ジクロロメタン又は1,2-ジクロロプロパンのばく露を受ける業務と胆管がんの発症との関係は、本日の報告書の公表によるまでは一般的に明らかでなかったことから、ジクロロメタン又は1,2-ジクロロプロパンのばく露を受けたことにより胆管がんを発症した労働者に関する労災保険の保険給付請求権の消滅時効については、本日までは進行していないこと。

参照 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002x6at-att/2r9852000002x704.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する