fc2ブログ

海外派遣労働者の特別加入上限補償額を引き上げへ 

特別加入上限補償額を引き上げ
~現行の上限20000円から25000円へ(労災給付基礎日額)

1 特別加入の給付基礎日額の改定(なお、制度は任意加入であることに注意
  現行は上限20000円であるが、これに加えて、22000円、24000円、25000円を新設する。

(注) 給付基礎日額は、特別加入者に希望額を申請させた上、厚生労働大臣が決定することとしている。
  希望額は労災則第46条の20の規定により、3,500円、4,000円、5,000円、6,000円、7,000円、8,000円、9,000円、10,000円、12,000円、14,000円、16,000円、18,000円、20,000円のうちのいずれかの額によることとしている。(平成25.7.10現在)


2 特別加入の届出の簡素化について

海外派遣者の特別加入申請にあたっては、申請書に派遣先事業に従事する派遣予定期間を記載させており、また、派遣予定期間に変更があった場合には、加入者に変更届を提出させている(告示事項)
今後は、

特別加入申請書及び特別加入に関する変更届に派遣予定期間は記載しないこととし、派遣予定期間の延長に伴う変更届の提出を不要とする。

施行日の件

1は平成25.9.1から、2は平成25.11に施行予定。


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する