希望者全員が65歳以上まで働ける企業の割合は、「中小企業が大企業をリード」 

[希望者全員が65歳以上まで働ける企業の割合]

 厚労省は2014.10.31、平成26年「高年齢者の雇用状況」(6月1日現在)の集計結果をまとめ公表した。
 それによると、

1) 希望者全員が65歳以上まで働ける企業の割合は71.0%(同4.5ポイント増加)
  中小企業73.2%(同4.7ポイント増加)
  大企業では51.9%(同3.0ポイント増加)

  の状況であることが判った。
 全員が65歳まで


 (参考)
 2) 70歳以上まで働ける企業の割合は19.0%(同0.8ポイント増加)
   中小企業19.8%(同0.8ポイント増加)
   大企業では11.8%(同0.8ポイント増加)

 (資料出所)
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000060166.html



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する