外国人を雇用している事業所は137,053か所(平成26.10) 

 外国人労働者の雇用状況について

 厚生労働省が平成 26 年 10 月末現在の外国人雇用についての届出状況を取りまとめ、その結果を公表している。
 情報源/ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000072426.html

 [外国人雇用の概要]

・外国人を雇用している事業所は137,053か所(前年同期比で10,324か所(8.1%)増加。)
・「30人未満事業所」が最も多く、事業所全体の54.6%、外国人労働者全体の33.9%を占めている。
・製造業が最も多い。外国人労働者数全体の34.7% 、外国人労働者を雇用する事業所全体の26.4%を占める。
・なお、近時では、宿泊業・飲食サービス業や卸売業、小売業は増加傾向にある。


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する