スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家内労働者数の推移 

家内労働者数の推移

 家内労働法が制定された昭和45年以降の家内労働者数の推移をみると、昭和48年の184万4,400人をピークとして、その後減少が続いている。もっとも新しい調査である平成22年では、13万6,289人であった。

 家内労働者を男女別にみると、男性が1万3,191人であるのに対し、女性は12万3,098人と全体の90.3%を占めている。


家内労働の現状について
 (厚生労働省の下記資料を参照してください)
→ http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/josei/hourei/dl/20000401-67a_4.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。