最新統計で見る「都道府県別賃金」全国平均299,600、東京都377,400、青森県226,600 

2015.2.19厚労省が公表した平成26 年「賃金構造基本統計調査」の結果によると
 資料出所 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2014/index.html

 例えば、都道府県別の賃金

 都道府県別の賃金の水準をみると、全国計(299.6千円)よりも賃金が高かったのは5都府県(東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府)となり、最も高かったのは東京都(377.4千円)となっている。
 一方、最も引くかったのは青森県(226.6千円)、次いで、沖縄県(227.7千円)となっている
。(第9図)
 賃金構造都道府県26

 (クリックすると拡大表示ができます)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する