スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導=違反率は76% 

外国人技能実習生の実習実施機関に対する監督指導

 厚労省は2015.9.30、平成26年に技能実習生の実習実施機関に対して行った監督指導や送検の状況についての取りまとめを公表した。労働基準関係法令違反が認められた実習実施機関は、監督指導を実施した 3,918事業場のうち 2,977事業場(76.0%)
外国人実習生豆グラフ


 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000098716.html 

 主な違反内容は、➀違法な時間外労働など労働時間関係(25.8%)、➁安全措置が講じられていない機械を使用させていたなどの安全基準関係(23.5%)、➂賃金不払残業など割増賃金の支払関係(17.8%)の順。

 このうち、重大・悪質な違反により送検されたのは26件(→ http://laborstandard.blog82.fc2.com/blog-entry-515.html )


 [編注、コメント]

 悪質重大事案として紹介されている送検事例と合わせて、確認しておきたい。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/424-0e6a963a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。