FC2ブログ

シルバー人材センター就労制限緩和(週20時間以下→週40時間まで可へ) 

労政審建議(2015.12.25)

厚生労働省の労働政策審議会は、2015.12.25シルバー人材センターの就業要件緩和等について建議した。(建議より該当部分抜粋=PDF参照)
シルバー建議

[現状] シルバー人材センターの取り扱う業務は、「臨時的・短期的」(概ね月10日程度まで)は「軽易な業務」(概ね週20時間程度まで)に限定されている
[改正の趣旨] 地域の実情に応じ、高齢者のニーズを踏まえた多様な就業機会を確保する観点から、現在、臨時的かつ短期的又は軽易な業務に限定されているシルバー人材センター等の取り扱う業務の要件を緩和する。

改正の内容(平成28.4.1施行)

 シルバー人材センターの業務のうち、派遣・職業紹介に限り、週40時間までの就業を可能とする

2 要件緩和により、民業圧迫等が起きることのないよう、以下の仕組みを設ける。

① 要件緩和は、都道府県知事が、高年齢退職者の就業機会の確保に寄与することが見込まれ、厚生労働省が定める基準(※2つの基準を想定。① 要件緩和により、競合する事業者の利益を不当に害することがないと認められること。② 要件緩和により、他の労働者の就業機会等に著しい影響を与えることがないと認められること。)に適合すると認められる場合に、対象となる市町村ごとに業種・職種を指定することにより可能とすること。

② 要件緩和を実施する業種等を指定するに当たっては、あらかじめ地域の関係者(※①市町村長、②シルバー人材センター等、③指定しようとする業種・職種について派遣業、職業紹介業等を行う事業者を代表する者、④当該市町村の労働者を代表する者)の意見を聴取するとともに、厚生労働大臣に協議すること。

③ 要件緩和に係る指定が厚生労働省が定める基準に適合しなくなったときは、指定を取り消すこと。




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/469-ea9f54b0