スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「特別な休暇制度」~企業の導入事例を過去分を含めて豊富に閲覧できる 

特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度等について


 労働調査会の「特別な休暇制度」という特設サイトを紹介したい。
 → http://www.kyuukaseido.jp/index.html
 
 この特設サイトは、厚労省の「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の例を踏まえ、

1 長時間労働の抑制や年次有給休暇の取得促進に加え、
2 病気休暇、
3 ボランティア休暇、
4 リフレッシュ休暇、
5 裁判員休暇、
6 犯罪被害者の被害回復のための休暇
7 などなど

 法定休暇ではないが、労働者の個々の事情に対応しつつ、事業場等において労使による話し合いで与えられる休暇制度の普及促進を図ることを目的として、厚労省委託事業として実施されている広報活動の一つ。平成27年度事業を労働調査会が受託しており、「特別な休暇制度の普及促進のセミナー」の実施が予定されている。前記HP参照。)


 [編注、コメント]

 ここでは、労働調査会が関連「特設サイト」に掲載している休暇制度の「企業の導入事例」について紹介したい。
 → http://www.kyuukaseido.jp/introduction/

 平成27年度版として20事例が紹介されているほか、過年度分として
 平成22年度~26年度分もあわせて参照することができる優れものである。
 例えば、「犯罪被害者の被害回復のための休暇」などは、白紙から制度設計に取りかかるのはかなり負担感が大きいもの、掲載事例は参考になると思われる。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/470-a40dd75b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。