fc2ブログ

社長、役員、社員の国内出張~新幹線グリーン車等を認める割合 

役員報酬の実態調査
2015年
産労総合研究所




 産労総合研究所が、「2015年役員報酬の実態に関する調査」の結果を公表している。
 同調査は、同研究所が2005年以降ほぼ2年おきに行っているもので、今回が6回目となるという。調査対象は上場企業等2500社だが、うち、155社の回答を得て集計したもの。

 メインの調査事項は、役員報酬の決め方や水準等に関するものだが、それらは、以下のURLを直接参照してください。
 → http://www.e-sanro.net/jinji/j_research/j_research01/pr1601/


 ここでは、同調査の中から、実務的に有用と思われる「国内出張における取扱い」実態の調査結果に係る部分を紹介します。


 国内出張
 新幹線のグリーン車利用を認める企業の割合をみると,社長が67.1%(「認める」59.4%+「条件付きで認める」7.7%),取締役が49.1%(同36.8%+12.3%)。これに対して一般社員は8.4%(同1.3%+7.1%)である。
 次に航空機の高級シート利用を認める企業の割合をみると,社長56.8%(「認める」45.8%+「条件付きで認める」11.0%),取締役36.8%(同19.4%+17.4%),一般社員7.7%(「条件付きで認める」のみ)であった(図4)。


国内出張と交通機関


 [編注、コメント]

 取締役、一般社員に対する取り扱いは、実務的にも参考になりそうだが、企業規模別にデータがほしいところ。


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/483-9d280d48