スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪日外国人観光客の増加でホテル代高騰-出張宿泊料見直しは1割 

出張宿泊料の水準

 2016.2.25労務行政研究所が、『国内出張時の宿泊料に関する緊急アンケート』を行いその結果をプレスリリースしている。
 それによると、
 (労務行政研究所調べ(2016.2)
労務行政調べ2016宿泊料
 ( ↑ クリックすると拡大表示できます)

1 [宿泊料規定額の水準]
  宿泊料規定額の水準:地域や距離により差を設けている場合の“最も高い金額”は、平均で課長クラス1万1224円、一般社員1万345円[分布の詳細は図表3参照]


2 出張宿泊料の緊急見直し
  訪日外国人観光客が増加している中で、出張宿泊先のホテルを確保することが難しい状況になっており、その余波を受けて宿泊料金も高騰する傾向が見られるが、「82%の企業--ホテル代の高騰等を認識」。ただし、「緊急的に宿泊料を見直した」とする割合は10.8%にとどまっている。


労務行政研究所のプレスリリースは下記参照。
→ http://www.rosei.or.jp/research/pdf/000067706.pdf



 [編注、コメント]

 「緊急的に宿泊料を見直した」企業は少数。意識はしているものの、様子見状態なのかもしれない。
 出張宿泊料の分布状況について最新調査結果も参照できる。こちらも実務的に参考になると思われる。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/488-608c870f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。