スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業割増率、1か月45時間超え30%に対して、45時間までを35%と高く設定 

情報源:2016.5.31日本経済新聞

記事タイトル:ディスコ、短時間の残業代「手厚く」 長時間是正へ割増率上げ
記事本文
要旨
「半導体製造装置メーカーのディスコは時間外労働(残業)の割増賃金について、月60時間までの場合、残業が短い方が割増率が高くなるように制度を改定した。(中略)4月の勤務分から残業が月45時間までの割増率を25%から35%に引き上げ、45時間を超え60時間までの30%より高くした。60時間を超す分は従来通り50%とする。
 ディスコは割増率を逆転させることで月45時間を超える残業をしている社員の時短につながる効果を期待している。」

 [編注、コメント]

 残業するほど時間給が増える割増賃金は長時間労働を助長しかねないので、その逆張りで行こうとの趣旨だが、
 どういう結果につながっていくのか、分からない

 面白い発想ではあるが、、、、、、。!


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/520-ff5460e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。