トヨタが、総合職に本格的な在宅勤務導入へ 

残宅勤務 
2016.6.9 時事通信の記事から

記事タイトル 「トヨタ、在宅勤務1.3万人に拡充 8月メドに新制度」
記事本文
○ トヨタ自動車が現在の在宅勤務制度を大幅に拡充し、総合職1万3,000人を対象とする方向で検討していることが9日、明らかになった。社員の多様な働き方を認め、仕事と育児や介護との両立を後押しする。既に労働組合に提案しており、8月をメドに新制度を導入したい考えだ。
○ 新制度はトヨタ本体の社員約7万2,000人のうち、一定の資格以上の事務職と技術職の社員が対象。週に1回、2時間だけ出社すれば在宅勤務を認める方向で、制度の詳細は今後の労使協議で詰めていく。
○ トヨタは段階的に在宅勤務制度を拡充しており、昨年4月には1歳未満の子供がいる総合社員を対象に、週1回2時間だけ出社すればいい制度を導入。今年の春闘では、さらなる制度拡充について労使で合意していた。
(時事通信2016.6.9)

 [編注、コメント]

 最近、在宅勤務の導入企業が増えてきているようだ。




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/523-a10b03dd