スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OECD「雇用アウトルック2016」における日本分析 

OECD 「雇用アウトルック2016」

 経済協力開発機構(OECD)は2016.7.7、「雇用アウトルック2016」を発表した。

 2017年のOECD諸国の労働市場の状況について、「全体として平均就業率の回復は見込まれるものの、実質賃金の伸びは緩慢で、賃金上昇停滞の長期化が懸念される」と分析。
 https://www.oecd.org/tokyo/newsroom/job-market-recovering-but-wage-growth-remains-weak-japanese-version.htm


このうち、日本に対する分析では

①労働市場の状況 
 長期失業者割合がOECD平均より高い、また、労働市場の好調が、特に下位職の労働者の賃金上昇には結びついていない。 

②職場における能力活用
 日本の労働者の読解力と数的思考力はOECD諸国でも最高水準にあるが、日本では多くの労働者の能力が十分に発揮されてない

③社会的弱者となっている若者がとりわけ懸念される
 低スキルニート(働いておらず、教育や訓練も受けていない若者であって、最終学歴が高校中退以下の層)は労働市場から永久に取り残される危険性にさらされている

などの指摘がなされている。

以下のURLから直接の分析文に当たることができる。
 http://www.oecd.emb-japan.go.jp/pdf/1_Employment-Outlook-Countrynote-Japan-JP.pdf



 [編注、コメント]

 とりわけ、目新しい分析ではないが、恒例の「OECD雇用アウトルック2016」を発表である。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/539-46143e7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。