平成28年度「最低賃金地域ランク別引き上げ目安額」(21-25円) 

2016.7.28開催
第46回中央最低賃金審議会



 平成28年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられた。
 それぞれのランク毎の引き上げ目安は以下のとおりです。

A 25円
千葉、東京、神奈川、愛知、大阪

B 24円
茨城、栃木、埼玉、富山、長野、静岡、三重、滋賀、京都、兵庫、広島

C 22円
北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、山梨、岐阜、奈良、和歌山、岡山、山口、香川、福岡

D 21円
青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、徳島、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

参考資料
平成27年度地域別最低賃金額改定状況
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/16072808.pdf



 [編注、コメント]

 全都道府県で20円を超える目安額となっており、引上げ率に換算すると3.0%(昨年は2.3%)となっている。




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/541-038b0e80