スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神障害にかかる等級判定ガイドライン(新・平成28年9月実施) 

精神障害にかかる等級判定ガイドライン

  国民年金・厚生年金保険における精神障害及び知的障害の認定において、地域によりその傾向に違いがあることが確認されたことから (今後) 認定に地域差による不公平が生じないようにするため、精神障害及び知的障害に係る障害等級の判定を行う際に用いるガイドラインを策定し、平成28年9月より実施するもの


 ガイドラインに基づく等級判定は、つぎの1,2に基づき実施されることになる。

1 障害等級の目安

 診断書の記載項目のうち、「日常生活能力の程度」の評価及び「日常生活能力の判定」の評価の平均を組み合わせたものが、どの障害等級に相当するかの目安を示したもの(表1参照)。

2 総合評価の際に考慮すべき要素の例

 診断書の記載項目(「日常生活能力の程度」及び「日常生活能力の判定」を除く。)を5つの分野(現在の病状又は状態像、療養状況、生活環境、就労状況、その他)に区分し、分野ごとに総合評価の際に考慮することが妥当と考えられる要素とその具体的な内容例を示したもの(表2参照)。


 [編注、コメント]

 等級判定に用いる「表1」及び「表2」は、以下のガイドラインの5ページ及び6ページを参照してください。 
 ガイドライン(平成28年9月実施) → http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12512000-Nenkinkyoku-Jigyoukanrika/0000130045.pdf



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/550-53a4e750

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。