スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経団連、会員企業に年休取得の重点取り組みを呼び掛ける 

経団連、
「年休 3!4!5!」の取り組みを呼び掛け


 経団連が、会員企業に年休取得の重点取り組みを呼び掛ける。
 取り組み要請文  http://www.keidanren.or.jp/policy/2016/063.pdf
 これは、従業員のワーク・ライフ・バランスの実現や観光振興の観点などから、経営トップが強いリーダーシップを発揮し、観光シーズンである今秋 (9~11月頃)を年休取得の重点取り組み期間とし、トップが主導して「年休 3!4!5!」の推進を図るもの。

 「年休 3!4!5!」とは、

 ①年3日程度の追加的な年休の取得に取り組む

 ②秋(9~11月頃)に年休と土日・祝日を組み合わせて4連休をつくる

 ③年休の取得日数が5日未満の従業員が生じないよう取り組む


 [編注、コメント]

 「年休 3!4!5!」。取り組み内容には、それほど困難を伴う要素はないようですが、経団連が、年休取得の重点取り組みを、期間を設けて会員企業に呼び掛けること自体が「ほーー」といった感慨を与えます。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/551-fa9845a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。