高齢期の就労-「経済上の理由」から「いつまでも」が最上位に 

「高齢社会に関する意識調査」

 厚生労働省が、12016.10.4「高齢社会に関する意識調査」結果を公表している。
 この調査は委託調査で、40歳以上の男女3000人の回答を集計したもの。

調査結果によると

高齢期の就労希望年齢については

1 「働けるうちはいつまでも」31.2%、
2 「65歳くらいまで」25.7%。

就業希望理由は

1 「経済上の理由」68.1%
2 「生きがい、社会参加」38.7%。
が上位に位置する。

資料出所 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000137669.html
27高齢者の就業希望
(↑クリックすると拡大表示できます)(厚労省説明資料から)


[編注、コメント]

 経済上の理由を上げる者には、世帯収入の低い層の割合が高い傾向にあるの対して、「生きがい、社会参加」は、世帯収入の高い層の割合が高い傾向にある。(当然とも言える結果ではあるが、、)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg





関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/565-12cdb5cd