FC2ブログ

厚労省が「過重労働解消キャンペーン」を11月に実施 

過重労働解消キャンペーン

 厚生労働省は11月に、「過重労働防止キャンペーン」を実施。
 一連のキャンペーン取組の中でも、企業にとって気になるのは、労働条件、労働時間の抜き打ち監督だが、本年度も、
 ○「長時間の過重な労働による過労死などに関して労災請求が行われた事業場」
 ○「若者の「使い捨て」が疑われる企業
などへ重点監督が予定されている。

 キャンペーンの詳細は、下記URLから確認してください。
 → http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000137977.html

 [編注、コメント]

 電通自殺事件を受けて「労基法労働時間違反被疑事件」として司法・強制捜査が行われている状況ですが、関連して、厚労省の「秋」の重点監督には、企業としても注意が必要でしょう。
 この重点監督が、いわゆる全国の労働基準監督署から「目を付けられている事業場」(○○リスト)に対する現地(現状)点検として位置付けにあり、重点監督事業場の中から、何件かは電通事件に似た展開を辿るものが出現する可能性が高いからです。
 企業として、自主点検を済ませておくにこしたことはない、と思います。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg




関連記事
スポンサーサイト



コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/567-d373a1b0