マタハラ防止を怠っている企業に、ペナルティ 

マタハラ防止を怠っている企業に、
ペナルティ



2016.11.6付日本経済新聞 朝刊が、つぎの記事を掲載している。

記事タイトル:マタハラ防止策なければ 企業求人受理せず

記事要旨

1 厚生労働省はマタニティハラスメント(妊娠への嫌がらせ)に対する法律で義務づけた防止策を講じなかった企業の求人をハローワークで受理しないように制度を改める。
 → 法違反が見つかれば是正勧告し、それに従わずに企業名が公表された場合、求人を受理しないこととするもの。不受理となる期間は違反が是正されてから6ヶ月が経過するまでの期間となる。

2 来年1月から施行。

3(ハローワークでは今年3月から労働関係法令の違反を放置している企業の新卒求人を受理しない取り組みを始めている。今回は不受理の対象にマタハラに関する規定を加えるもの)

(関連)
男女雇用機会均等法
マタハラ防止
関連ホームページ

→ http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/danjokintou/index.html
平成29年の1月1日施行
「事業主が職場における妊娠、出産等に関する言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針」 http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000132954.pdf

マタハラ防止義務
マタハラ1

マタハラ2


(↑ クリックすると拡大表示できます)  (イラストは厚労省資料、リーフレットから)


 [編注、コメント]
 違反に是正勧告、それでも是正せず企業名公表されたことが求人不受理の要件のようだが、!
 この発動要件、「どうなんだろう? 公平さの点では?などと思う人」もありそうだが、、、はたして。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/577-de28dac0