是正指導段階での企業名公表を強化 

是正指導段階での
企業名公表を強化




現在の要件
違法な長時間労働(月100時間超、10人以上または4分の1以上、労基法32条等違反)が1年間に3事業場認められた場合

これに対して、新公表基準は、次のように基準を改定強化している。

1  現行の要件を以下のとおり拡大。
 ① 月100時間超を月80時間超に拡大
 ② 過労死等・過労自殺等で労災支給決定した場合も対象→ これらが2事業場に認められた場合に、前ページの企業本社の指導を実施し、是正されない場合に公表

2 月100時間超と過労死・過労自殺が2事業場に認められた場合などにも企業名を公表


 [編注、コメント]

 長時間労働、過労死等による労災認定事業場に対する企業本社の指導。企業名公表基準も拡大強化される。
WS000009.jpg

( ↑ 資料は厚労省ホームページから、クリックすると拡大表示できます)



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/596-15b59644