スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者範囲の見直し(平29.1施行) 

個人型確定拠出年金(iDeCo)
加入者範囲の見直し
平成29年1月1日施行



改正の主な概要

iDeCoの加入可能範囲の拡大
第3号被保険者や企業年金加入者(※)、公務員等共済加入者を加入可能とする。
※企業型DC加入者については、規約に定めた場合に限る。
IDECO.jpg

(↑ 厚労省ホームページ資料から)

※1 企業型DCのみを実施する場合は、企業型DCへの事業主掛金の上限を年額42万円(月額3.5万円)とすることを規約で定めた場合に限り、iDeCoへの加入を認める。
※2 企業型DCと確定給付型年金を実施する場合は、企業型DCへの事業主掛金の上限を18.6万円(月額1.55万円)とすることを規約で定めた場合に限り、iDeCoへの加入を認める。

 [編注、コメント]

 第3号被保険者や企業年金加入者、公務員等共済加入者を加入が可能となった。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/597-72adb645

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。