1,348企業に対し、合計99億9,423万円の賃金不払い残業を是正指導 

平成27年度
賃金不払い残業を是正指導
(是正させた事例)


平成2016.12.27厚労省が公表
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000146857.html

その概要は以下のとおりです。

【平成27年度の監督指導による賃金不払残業の是正結果】

(1) 是正企業数 1,348企業 (前年度比19企業の増) うち、1,000万円以上の割増賃金を支払ったのは、184企業

(2) 支払われた割増賃金合計額 99億9,423万円 (同42億5,153万円の減)

(3) 対象労働者数     9万2,712人 (同11万795人の減)

(4) 支払われた割増賃金の平均額は、1企業当たり741万円、労働者1人当たり11万円

(5) 1 企業での最高支払額は「1億3,739万円」 (金融業) 、次いで「1億1,368万円」(その他の事業(協同組合)) 、「9,009万円」 (電気機械器具製造業) の順


 [編注、コメント]

 当該企業の体質改善につながる指導を併せ実施することの必要性が指摘されている。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/601-d95f1fe3