「労災」と「健保」の保険請求間違いとその後の調整 

 「業務上の災害であるにも関わらず、健康保険から給付を受けている」

 これを途中から「健保」→「労災」に切り替えるには、従来、

 一旦、受給済みの健保給付額を全額(自己負担分3割を除く7割分を返還)、返還した上で、改めて労災保険から給付を受け直す必要がありました。

 この取扱いについて、2017.2.1付け新通達「労災認定された傷病等に対して労災保険以外から給付等を受けていた場合における保険者等との調整について」(平成29年2月1日基補発0201第1号)が出され、立て替え処理をすることなく、保険の間(労災保険と健康保険の間)で、直接、調整が可能になりました。

 手続き的には、所轄労基署は申し出をして、「療養(補償)給付たる療養の費用請求書(様式第7号)」(通災の場合は「様式第 16 号の5」)の支払先として、健康保険の保険者の口座を指定するほか、同意書や委任状を提出する必要があります。
 あとは、保険間で調整が行われます。


 下記URLから、2017.2.1付け新通達を直接、参照することができます。
 → http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T170203K0010.pdf


 [編注、コメント]

 返還分はそのまま(別途)追加給付されるとはいえ、遡及期間が長くなると、返還のための立替金額も相当なものになり、「困った」心理状態に置かれる人が多かったのだが、やっと、保険間で直接、調整がされるようになるという。
 考えてみれば、前々からそうであっても良かった類いのサポートだったのかも知れない。
 


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/618-25972162