スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36協定の延長限度事務局案~(特例)でも平均月60、年720時間まで! 

36協定の延長限度
~(特例)でも
平均月60、年720時間まで
とする事務局案



 政府は2017.2.14に開催した働き方改革実現会議の第7回会合で、年間の時間外労働時間の上限を720時間とする案を提示しました。同会議で示された事務局案は下記のとおりです。

時間外労働の上限規制について(事務局案)

法改正の方向性

〈原則〉
① 36協定により、週40時間を超えて労働可能となる時間外労働時間の限度を、月45時間、 かつ、年360時間とする。
  ※上限は法律に明記し、上限を上回る時間外労働をさせた場合には、次の特例の場合を 除いて罰則を課す。

〈特例〉
② 臨時的な特別の事情がある場合として、労使が合意して労使協定を結ぶ場合においても、 上回ることができない年間の時間外労働時間を1年720時間(月平均60時間)とする。

③ ②の1年720時間以内において、一時的に事務量が増加する場合について、最低限、上回ることのできない上限を設ける。

④ 月45時間を超えて時間外労働をさせる場合について、労働側のチェックを可能とするため、 別途、臨時的に特別な事情がある場合と労使が合意した労使協定を義務付ける。

〈その他〉
⑤ 現在、①新技術、新商品等の研究開発業務、②建設事業、③自動車の運転業務等については、厚生労働大臣告示の適用除外となっている。これらの取り扱いについて、実態を踏まえて対応のあり方を検討する。

⑥ その他、突発的な事故への対応を含め、事前に予測できない災害その他避けることのでき ない事由については、労基法第33条による労働時間の延長の対象となっており、この措置 は継続する。


 情報源/以下URLから政府案等を直接参照することが出来ます
 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai7/gijisidai.html


 [編注、コメント]

 事務局案が示されたことで、大枠は固まってきたようだが、あとは、いかなる場合にでも超えることが許されない1ヶ月の「絶対的延長限度時間」の着地点がどうなるか、!



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/619-aab1ce3e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。