産業別-年齢、性別「賃金カーブ」 

産業別~年齢、性別
「賃金カーブ」



主な産業別に年齢、性別・賃金カーブをみると、

(男性)
金融業,保険業(466.4千円)が最も高く、次いで教育,学習支援業(435.0千円)となっており、宿泊業,飲食サービス業(271.1千円)が最も低い。

(女性)
教育,学習支援業(304.2千円)が最も高く、次いで情報通信業(300.0千円)となっており、宿泊業,飲食サービス業(196.7千円)が最も低い。

(賃金カーブ)
産業別賃金カーブ
 (↑ クリックすると、拡大表示が出来ます)

(以下は、情報源、関連資料)

 2016年賃金構造基本統計調査
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/index.html
 (調査の概況)
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2016/dl/13.pdf


 [編注、コメント]

 賃金は、企業規模別に違い、産業別に違い、性別に大きく違う。
 賃金カーブを見てみると、その違いを改めて実感せざるを得ない!



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/626-98b3118b