スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過重労働解消キャンペーンにおける「監督指導事例」(28年度) 

過重労働解消キャンペーン
「監督指導事例」
(28年度)


厚生労働省「平成28年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000154525.html

(概要)

7,014事業場のうち、違法な時間外・休日労働があったもの:2,773 事業場( 39.5 % )
これらのうち、主な健康障害防止に係る指導の状況を見ると、
 (1)過重労働による健康障害防止措置が 不十分なため改善を指導したもの:5,269 事業場( 75.1 % )
   うち、時間外労働を月80時間以内に削減するよう指導したもの:3,299事業場(62.6%)
 (2)労働時間の把握方法が不適正なため 指導したもの: 889 事業場( 12.7 % )
となっている。

以下は、監督指導事例(厚労省公表分

事例1
(コンビニ)


1 18歳未満のアルバイト(年少者)について、時間外・休日労働が原則禁止されているにもかかわらず、月79時間の違法な時間外・休日労働を行わせ、かつ、休日労働に対する割増賃金を支払わなかった。また、アルバイトを含む10名の労働者について、36協定の締結・届出がないにもかかわらず、違法な時間外労働を行わせた事業場に対し指導を実施

2 常時使用する労働者に対し、定期健康診断や深夜業に従事する場合の健康診断を実施していなかったことについても併せて指導

事例2
(電気機械器
具製造業)

1 会社は、労働者からの自己申告により労働時間の管理を行っていたが、在社時間と自己申告の時間に月最大約70時間の乖離が認められたことから、適正に労働時間を把握するよう指導

2 全労働者の約2割に当たる23名の労働者について、36協定で定める上限時間を超えて、月80時間を超える違法な時間外労働(最も長い者で月約160時間)を行わせた事業場に対し指導を実施

事例3
(一般貨物
自動車運送
業)

1 脳・心臓疾患を発症した自動車運転者について、36協定を届け出ていないにもかかわらず、発症前の直近3か月間のうち、最も長い月で110時間の違法な時間外労働を行わせていた。また、他の自動車運転者3名についても月100時間を超える違法な長時間労働(最も長い者で月135時間)を行わせるとともに、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」(改善基準告示)※に違反した事業場に指導を実施

2 自動車運転者について、休憩時間を与えず労働を行わせていたこと、雇入時の健康診断を実施していなかったことについても併せて指導

事例4
(肉製品製造
業)

1 賃金不払残業が行われているとの情報に基づき、労働基準監督署による夜間の立入調査を行ったところ、所属長によるICカードの出退勤時刻のデータの改ざんが判明。実際は、36協定で定める上限時間を超えて、月104時間の違法な時間外労働が行われていた事業場に対し指導を実施

2 長時間労働による健康障害防止対策等についての調査審議を行う衛生委員会を設置せず、衛生管理者や産業医を選任していなかったことから指導を実施


 [編注、コメント]

 過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの:5,269 事業場( 75.1 % )うち、時間外労働を月80時間以内に削減するよう指導したもの:3,299事業場(62.6%)
 違反や指導ターゲットは、当該事業場の最長労働に当たる部分が指摘対象になりがちなため、平均的長時間労働の実態とは言えないのだが、遵法意識の観点からは、問題事業場が多い状況に違いない。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg



関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/637-24ee23dc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。