スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人事院「退職金調査」国家公務員が民間企業平均を上回る! 

人事院「退職金調査」国家公務員が民間企業平均を上回る!

 人事院調査によると、1人当たり平均額で見た退職一時金と企業年金原価額の合計は、
 民間企業が2459万6000円(一時金1006万1000円・年金1453万5000円)(公表資料の図表参照)に対し国家公務員が2537万7000円(退職手当2314万1000円・共済年金223万6000円)となり、国家公務員が78万1000円上回った。
 これを踏まえ、人事院は、国家公務員の退職給付水準について見直しを行うことが適切であるとの見解を示している。

 《公表資料》
 民間の退職金及び企業年金の実態調査の結果並びに国家公務員の退職給付に係る本院の見解について(人事院)
  http://www.jinji.go.jp/nenkin/H28/taisyokukennkai28.htm

民間企業の調査結果(まとめ)
民間退職金調査



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/645-17b9006b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。