時間外労働の上限規制「限度時間等」の法制化に向けた審議!(論点) 

時間外労働の上限規制「限度時間等」の法制化
に向けた審議のための論点!


 現在、「労働政策審議会労働条件分科会」では、時間外労働の上限規制(1)限度時間等について審議が行なわれている。
 先の平成29年5月12日の審議会では、以下、「論点について」事務局案が示され審議されたところ。
 今後の審議の方向性を確認するためにも、資料「論点について」の内容確認をしておきたい。
 事務局案の「論点について」は、以下の構成。
 なお、当該資料は以下URLから全文を直接参照することができます

 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000164675.pdf

論点について(事務局案)
(1)時間外労働の上限規制
(1)限度時間等

(2)適用除外等の取扱い
 自動車の運転業務
 建設事業
 医師
 新技術、新商品等の研究開発の業務

(3)新たな指針に盛り込むべき事項
⇒ 現行の限度基準告示及び労使合意を踏まえれば、新たな指針に盛り込むべき事項としては以下のような事項が考えられる。
 ・ 特例による延長時間をできる限り短くする努力義務
 ・ 特例に係る割増賃金率を法定基準を超える率とする努力義務
 ・ 特例の場合に実施する健康・福祉確保措置の内容の例示
 ・ 労働時間を延長する必要のある業務の区分を細分化すること
⇒ さらに、休日労働についてもできる限り抑制するよう努めなければならないことを盛り込むこととする。

(2) 勤務間インターバル
(3) 長時間労働に対する健康確保措置
(4) その他

[編注、コメント]
平成29.5.12労働政策審議会労働条件分科会へのリンクは下記から
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000164677.html

労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/650-42f39354