ハローワーク求人票と実際の労働条件の相違に係る申出件数 

求人票と実際の労働条件の相違に係る申出

1 平成28年度の件数は9,299件(対前年度比15.0%減)
2 申出内容の上位は、「賃金28%、就業時間21%、職種・仕事の内容14%」に。
3 業種では、医療福祉、卸小売業、製造業、サービス業の順に申し出が多かった。
3 背景には、「求人票の内容が実際と異なる」が3,608件(39%)、「求人者の説明不足」が2,335件(25%)など。
図表参照してください。
求人票と実際

 [編注、コメント]

 事業場が、「とりあえず書いておけ!求人票」から脱し、記載内容に気を使うようになってきた。じわり取り組み効果拡大中というところか。



労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/653-e5f9eed2