同一労働同一賃金に関する法整備について建議(2017,6,16) 

同一労働同一賃金に関する法整備について建議

 2017年6月16日、厚生労働省労働政策審議会は、労働政策審議会労働条件分科会・職業安定分科会・雇用均等分科会同一労働同一賃金部会での議論を踏まえ、厚生労働大臣に対し、同一労働同一賃金に関する法整備について建議を行った。

建議の骨子は、
1 基本的考え方
2 労働者が司法判断を求める際の根拠となる規定の整備
3 労働者に対する待遇に関する説明の義務化
4 行政による裁判外紛争解決手続の整備等
5 その他
からなっています。

詳細は、下記、厚労省の公表ページを参照してください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000167781.html


[編注、コメント]
厚生労働省は、この建議の内容を踏まえ、法案要綱の作成作業に入ることになる。


労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する