「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」 

「法律案要綱」

 厚労省労働政策審議会から「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」について答申がなされた。(平成29年9月8日労働政策審議会)
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177380.html
 なお、同法律案要綱については、平成27年国会提出法案との新旧対比で参照した方がわかりやすいと思われます。
 以下、新旧対照表資料を掲載しますので合わせ参照してください。
 
 ◎「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」と平成27年通常国会提出法案要綱の対照表 ↓
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12602000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Roudouseisakutantou/0000177735.pdf


[編注、コメント]

 連合の申し出をそっくり法律案要綱に盛り込んだという「高度プロフェッショナル制度」。
 新旧対照表でその提案内容がよく読み取れます。
 しかし、「何故」。
 ここに至った背景、経緯の仔細が明らかにされるべきだろう。通常に考えてありあない提案でしょう。(申し出(提案)がどういう法的効果をもたらすかは、検証のうえでの申し出(提案)であったろうことは疑えないだけに、益々「なぜ」の疑問は強くなる。




労務安全情報センター
http://labor.tank.jp
labor100-75.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://labor2.blog.fc2.com/tb.php/672-49326d01